2012年2月20日 (月)

計っている人がいるの?

andrea記

横浜市役所の近くの信号で待っていたら、

信号機の制御盤?がそばにあって、よく見かける

意味不明のイタズラ書きが。

なんの意味があるのかと、思ったら

意味が体の中に突然入ってきた。


海外旅行で(一人旅のとき)あんまり意味が通じない

外国語ばっかり聞いていると、日本人旅行者と知らずに

すれ違った時などに彼らがしゃべる日本語が「理解しよう」と

いう努力なしで意味が頭の中にパッと広がることがある。

Img_0069

そんな感じがしました。茶色の制御盤の「74」の数字の

下を見てください。四角いステッカーが貼られていて

手書きの数字「0.15」が読み取れます。

スルリッと入ってきた意味は

「0.15マイクロシーベルトパーアワー」

誰か、放射線量を計ってステッカーに書き込んでいるのか?

でも、横浜市役所あたりでは0.10〜0.13位じゃなかったか。

0.16が市内でも高い方の数値と思っていましたが

「0.15」はけっこう高いな。

他の地域でこんなステッカー発見された方は教えてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

家が空中に浮き上がります(空中浮遊)!!

andrea記
横浜市内の建築されてから80年ちかくたつカワイイ住宅
トトロに出てきそうな住宅です(洋館部付きの和風住宅)

この建て物を保存改修し、同時に耐震強度を上げる工事をします。

設計はアンさんとポモさん。

工事は堀井工務店。上げ屋工事は鈴銀技工。


Dsc_0611

この住宅が、もうすぐ空中にそっくりそのまま浮き上がります。

日本古来の引き屋の技術で今建っている場所で空中

1.5mの高さに浮き上がります。

引き屋やの「鈴銀技工」さんが建て物を浮き上がらせて

その下にできた1.5mの空間に機械や作業員をいれて

コンクリートを打ち、鉄筋コンクリート基礎を施工します。


レールの高さを調節しているのは鈴銀の社長

「鈴木イチロー」さんです。野球以外の特技が有ったのか?

今年も200安打だ!!


Dsc_0670

彼はandreaと同じ頃近くで育って、遊び場を奪い合った

仲です。(と思われる。王貞治兄ちゃんが誰でも使える

グランドを使っているとわれわれ子供たちは、兄ちゃんと

グランドを争う力が無いので、隅っこの野原の使用権を

めぐって子供どうしで争う。などなど。

昔の事なので意味の分からない人は読み

飛ばしてください)

そこで、建物を持ち上げるためのレールを井桁状に

床の下に通します。

実際は、建物が地盤の沈下で歪んでいるので、部分的に

ジャッキアップして水平にレールを通します。

Dsc_0674

ちょっとジャッキアップしただけで、建物が浮き上がったのが

分かります。赤い矢印を見てください。

2〜3センチほど浮い隙間が出来ています。


レールを敷設したら建物全体を水平を保ちながら

地上1.5mまで持ち上げます。キャッ!!

建物が地面から離れるなんて、想像したく有りません。

ましてや、浮き上がった建物の下で作業、設計監理するなんて

、、、、、、、。

工事の様子、おってご報告します。乞うご期待!!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

昭和20年代初期の貯金通帳を入手しました!

andrea記

安田貯蓄銀行とある通帳、正式名称は「日歩貯金通帳」を

さる筋から入手。手帳ほどの大きさで表紙は固く、

各ページは用紙を表を外になるように二つ折りにして

製本しています。いわゆる原稿用紙綴じです。

Img_2390

さて、ここからは「街を放浪する街放浪」ではなくて

通帳をなめるように読み取って妄想を羽ばたかせる

「通帳放浪」始めます。

「細部は時代を証言する!」なんてね。

さて、通帳を開くと注意書きが

Img_2397_2

小切手などを受けいれたときは、それが現金化してから

はじめておろしたり出来ますよ、、って 今と同じです。

小切手が不渡りの場合も自分で対処していなかったら同じ。

自分の身は自分で守る。そのたいろいろですが

すっ飛ばします。

で、中身ですよ。

この通帳を使っていたお宅は4帖半の女中部屋があります(ありました)。

現時点でこの部屋は台所付属の物置部屋と化しています。

女中さんは、職業がら台所の近くに生活拠点を持ってます。

そこで、通帳を見ると

Img_2396

左のページの左から2行目。

「女中給与」「壱弐000」が払い出されています。

日付は見にくくなってますが 昭和21年8月6日付け。

「壱弐000」は下二桁の単位が「銭」なので

120円00銭ちょうどが給与として払い出されています。

さらに同じページの左側の行に 昭和21年7月6日付けで

給与として「壱弐000」=120円00銭が払い出されてます。


したがって結論。このお宅の女中さんは、給料日は毎月

6日(なんで6日なのかな?)で、住む場所付き、おそらく

三食付きで120円のお給料を頂いていた事が分かります。


次に、このページを見てください

Img_2394

左のページの一番右側の行

「21年9月18日 上期利息」として銀行から

「壱参八八参」が支払われています。これは

「138円83銭」の利息が半年でついたという事です。

この日の直前の残高は、通帳右ページの左下の部分、

「五四参四九六」で「5,434円96銭」ですから割り算をして

0.0255(=138円83銭÷5434円96銭)となり

この半期の倍が年利と見なして二倍するとこの貯金の

利率は年5.1%となる。ひゃ〜〜普通預金が結構高利回りだ〜〜。

今なんて定期や定額でも0.04%くらいだから、127倍の利率。

いい時代だ〜!

今だったら100万円預けて一年後に5万円くらいの(税引き前)

お父さんのお小遣いになる。貯金に励むわな!

でも、終戦後なのでインフレもひどかったのかな。

この利率でもインフレ率が年5%を超えていたら

貯金する人なんているわけないものね。


そうすると、逆に考えると昭和21年のインフレ率は

4〜4.5%くらいだったのかもね?消費税相当かな。


詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

蒸し返し御免!こういうの好きです

andrea記

某所で2階建て有料駐車場に車を入れたとき、

以前もこんな情景を記事に書きましたが

こんな風景が出現するのも、一日でも時間が

ひじょうに限られています。

Img_1663_2

ドット模様を全身に受けたら、ルナティックな

気分になってしまいます。変身できそうな、

変心しちゃったような気分になります。

タイガ〜〜!(大声で)なんてね。ホントに!

(ルナティックとは月の光を受けていると変な

気分になる現象です。詩的な気分になる時も

使う言葉ですね)

ドット模様の車の前でポーズを作っちゃったりして。

やるときは誰にも見られないようにしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

明日は上棟式ダ!

andrea記

明日は、地下室のある住宅の上棟式。

ウレシイな!

基礎しか無いところに、一日で建物の骨組みの全貌が

姿を現す日です。初めての対面になります。

図面でしか見たことのないオッカサンに、

(どんなオッカサンだか?)

それも本物のオッカサンに会えるのだぞ、

チョロ松や! なんて、思い入れたっぷりな

表情でボクのほうを向いて見栄を切る。


子供の頃によく遊んだ浅草寺(せんそうじ)の

境内に見世をはった香具師(やし)が口上で

言ってたなァ〜〜。セリフだけ覚えてるんだ。

子供の時の頭は柔軟です。


香具師って、そのなんですか、つまり寅さんみたいな

お方です。いまは絶滅危惧種かもしれない。

てなわけで、現場の状況です

Img_0742

ポッカリとくちを明けてる部分が地下におりる

階段ができます。

明日の上棟式では、ヨッパラっておっこちない

ように、蓋をしてもらいましょう。

で、こちらが一方的に喜んでばかりじゃあ

この記事を読んでいただいたみなさんに

申し訳ないのでサービスカットを一枚!

新酒試飲会にいった時に見かけた景色。

山は甲斐駒ケ岳です。山里。キレイ。

Img_0495


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

デザイン論を考えた。しかし謎は深まった

andrea記

東海道線大船駅。(大船駅は何線の駅かは不問。東京生まれの

andreaとしては東海道線の駅に見える)

そこの東北側の町並みに、今は使われずにヒッソリと建つている

しもた屋。

なんで写真を撮ったかって?

Img_0187

おでこの照明器具です。

アレって、なんか権威主義的。

ココ、ココ、これですよって言いたい時の

「お約束デザインファクター」ですね。

お店としての存在の主張が、このデザインに込められています。


で、電球が切れたらどうやって取り替えるの?

この店は、最初の電球が切れてこのかたとり替えて

ませんね。独断だけど、絶対そうダ!

デザイン先行で設計するとこうなる。他人の振り見て

我が振り直す。(むかしよく言われた!)

でも、おでこの○ぽっちというとインドの

女性を思い出します。あれは宗教的な物ですが色は赤でしたね。


で、幼いころの記憶がよみがえってきまして、、これだ

日が暮れてきても遊んでるとおこられたな〜〜。

060523

おまわりさん、おこると怖いんだ!

この交番は万世橋(秋葉原といえば分かりますか?)の南詰めの

交通博物館側(今は無い)にあったもの。

幼い日のandreaは交番に立つおまわりさんをジーッと

見つめて考えてました。

おしっこどこでするの。するとこないじゃない!

でも聞けませんでした。(自分の中では横を流れる神田川で

やっちゃえばいいんだ、と納得させて、、、)


昔は、街角に万世橋交番よりももっと小さな交番があったんです。

Epsn1087

こんな感じのね!街角にいくつもありましたっけ。

おしっこするとこないでしょ。どうしてたんでしょうか。

andreaの実家はむかし、おまわりさんが巡回してくる家業

だったので、どうするか知ってたんです。実は。

(答え)パトロールに出た先で、お茶やお菓子が出て雑談、

そんじゃまァ、という段で我が家のトイレ使ってました。

今は、そんなことありません。個人的緊急事態以外はね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

現場で大工さんの手遊び(てすさび)

andrea記

今進行中の現場で。

木切れをひろってそれを利用して遊ぶのって楽しいですね。

andreaも子供のとき、近くの建築現場で大工さんから木っ端

(小さな木切れ)をもらってチャンバラごっこをしたり、木を

削ってゴムピストルを作ったり、舟もこしらえたな〜〜。

てな遊び心は大工さんも子供の頃に経験が有るみたいです。

で、大人になってもやるんですネ。

手遊び(てすさびと読みます。難読漢字ですね)に田舎の

風景でしょうか、

Img_0207_2

山は富士山ではないな。大工さんの故郷から見える山でしょう。

山の稜線、いい線いってます。田んぼの畝のパースペクティブは

ちょっと変ですが、太い松の木?いいデス。

富士山と駿河の海ほどではないけれど、銭湯の壁絵に

自信を持って推薦させていただきます。


ひときは高い茅葺き屋根はお寺ですね。なんてandreaが言ったら

大工さんが 「俺の実家ッ!」 ですって。

すんませんでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

大胆だけどリーズナブルな発想だ!

andrea記
駅前のロータリーに面する「商業施設」?

いえ、元商業施設で、今市役所です。

どこの駅前でしょ? 石巻駅です。宮城県の。

Img_9950

写真は駅前側から見た市役所ですが、そのデザインが、なんとなく

建て物の裏側、隣のビルに面する側風なのは、ショッピング施設の

デザインとしてはどうかな?と思いますが、まあ外部にとざされた

市役所と言うのもマル秘事項がリークしなくていいかも知れません。


いぜん、東京霞ヶ関の外務省(各階の外壁側がズラ〜っと

ガラス貼りの建て物)で、窓際で外務省職員が会話して

いたのが外部にリークした、という事がありましたが、

読唇術スパイにやられたんですね。

こんな心配はいらないようです。


この元巨大ショッピング施設のほとんどに石巻市役所が

入ってます。ほとんどと言ったのは、1階の道に面した

周囲がお店になっているから。

この建て物は2年ほど前までは百貨店さくら野東北で

今は石巻市役所の本庁が入っています。図書館も市議会議場も

市長さんもいらっしゃいます。

もと百貨店が市役所。交通至便がありがたいですね。

石巻駅のまん前ですもの。

でも、なんと言っても建て物の色もそのままに市役所と

して使っている(らしい)ところがワタクシのお気に入りです。

さらに、市役所にはあり得ないような「駐車場24時間営業」

これは、大都市部でもなかなかないです!

スゴイです。 
 
座布団3枚ィ〜〜!あげて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

年の瀬が迫ってやり残しが、、、、

andrea記

磯子区内で住宅の地下室を作っている現場から数十メートルで

久良岐公園があります。息抜きで昼食後に散歩です。

そこで横浜に棚田がある事を知りました。というか棚田が

存在していたと言う事なのですが、公園内に保存されています。

小規模だけれどいいですね

Photo_2

日本各地に棚田は存在していたんでしょうね。日本の原風景です。

横浜の棚田に比べてこの規模の棚田はいかがでしょうか。

Photo_3

場所は千葉県。東京に最も近い棚田。横浜の棚田のほうが

東京に近いけれど、実際に耕されている棚田では東京に

最も近いものになっています。(横浜のは耕されていません)

刈り入れがおわった写真ですが、田植えのころ棚田に水を張った

満月の夜に来てみたら幻想的な空気間(空気と空間をあらわす

自家製合成語)でしょう。絶対に凄さがあるはず、、、!

場所は千葉県鴨川市大山の千枚田です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

地下室造ってます

andrea記

横浜市内の住宅建設現場で地下室をつくってます。

地下の躯体工事に先立って山止め工事、真っ盛り。

H型鋼を打ち込んでその間を板で塞いで奥の隙間に

土を詰めてガケが崩れないようにします。

Img_9656

ここのところ確認申請や長期優良住宅の手続きで

更新してなかったんだなァ〜〜。と感心しきりです。

山止め作業、早く終わって雨が降らなければいいな〜〜

見て分かるとおり土の崩壊の危険性大です

で、昨日雨だった。降るなと思うと降る。どうでもいいと

晴れ続き! モ〜来年の手帳買いに行こ〜〜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧