« イタリアの旅(5)ゴミ分別事情(ボローニャ駅にて) | トップページ | イタリアの通行止め装置-イタリアの旅(6) »

2010年4月 2日 (金)

パルマ(Parma)のエコ事情(イタリアの旅の6)

andrea記
パルマです。中田が一時期在籍していたチームの

本拠地というとサッカーファンには分かるかな。

私は、パルミジャーノチーズと生ハムの産地と

いう方がピンと来る。(しかし、パルマの駅前の

パパママストアの小さな肉屋さんで100グラムだけ

買った生ハムはおいしかったな〜〜。風味があります、

ロンバルデイアのパダーナやピアヌーラが目の前に

浮かんできます。パダーナは湿地でピアヌーラは

平地だからたいしたイメージが浮かんだと言うわけでは

ありませんが、言ってみただけ)

そこでパルマのエコ事情

Img_6482

2台のフィアットパンダ。左側はパルマ県の公用車で

後ろに「この車は天然ガスで動いてます〜」て

書かれてる。その右はパルマ県警公用車で、これは

ガソリンらしい。

パンダみたいな小さな車を天然ガス車にする、時々

イタリア人は工夫の才を大発揮する。

Img_6724

これは、パブリックパーキングのチケット販売機。

ここで購入したチケットはダッシュボードに置いときます。

ちょうど私の背の高さ位のところに太陽光パネルが

ある。表面のガラスは厚そう。本体は鋳物のような質感。

蹴ったらけっこう固い。電源は太陽光だけと言う事は無いだろう

と、思って見回しても電線は無い。地中埋設か、、と

おもってたら、後ろに2人並んでた。Mi sucusi !(スンマセン!)

教訓:青少年に言いたい「好奇心は持て。だが迷惑はかけるな」


|

« イタリアの旅(5)ゴミ分別事情(ボローニャ駅にて) | トップページ | イタリアの通行止め装置-イタリアの旅(6) »

コメント

 パルマ 

懐かしいです。 ここでは日本人と遭うことはありませんでした。

ランブルスコやら生ハム 必死に食み食いしました。 もちろん美味しかったです。

投稿: じゅりあーの | 2010年4月20日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199562/47977760

この記事へのトラックバック一覧です: パルマ(Parma)のエコ事情(イタリアの旅の6):

« イタリアの旅(5)ゴミ分別事情(ボローニャ駅にて) | トップページ | イタリアの通行止め装置-イタリアの旅(6) »