« 大阪出張シリーズ 伊丹市営バスの巻き | トップページ | 段差のある敷地に建つ住宅 »

2009年6月 9日 (火)

伊丹市営バス すごいな

andrea記

大阪出張時、感心した事 伊丹市営バスです
いっけん普通のバスで,きわめて経済的に造られていますが
すごいのはそんな事では無い

まず、写真は最後部の席から前方に向かって撮影
後部座席はちょっと高くなっていて
座席の下にエンジンがある(うなってる)

Img_2498

前輪の膨らみ(タイヤハウス)が奥にわずかに見えます
前輪にはそれらを相互に繋ぐ軸(車軸)が無いので
左のタイヤハウスと右のタイヤハウスの間はフラットで
乗り降りに支障がないバリアフリーの廊下になっています
もちろん前輪は車体のフレームにそれぞれが取付けられています

ここまでは,横浜市営バスでもよく見かける

しかし,伊丹市営は後輪も左右の車輪を繋ぐ軸(車軸)が無い
無くても、それぞれを車体に取付けられるけど(前輪同様に)
それをどのように駆動しているのかが 謎!

写真の左下には降車ステップがあるので後部エンジンから
各々の車輪にドライブシャフトが伸びてるように見えない

仮にステップをよけてドライブシャフトがあるなら
床をこんなに低くはできないし、デファレンシャルギアが
地面に擦ってしまう
チェーン駆動なのか?チェーン独特の音も聞こえない

どうして動いてるのか? 伊丹市営バス

知っている方がいたら教えてください


|

« 大阪出張シリーズ 伊丹市営バスの巻き | トップページ | 段差のある敷地に建つ住宅 »

コメント

 何十年も前の話ですが「ドロップアクスル」だったか?低床バス用に特殊な車軸が欧州で流行りました。 今でも使われているのでしょうか?
 減速を2段構えで行うのでデフが小型化され位置が地上近くに下げられ筈です。 需要は少なく、コストは掛かるので直ぐに廃れたようですが。

投稿: 欒樹 | 2009年6月18日 (木) 11時16分

すいません。
写真を見る限り、何がすごいのかわかりません…(ノ_≦。)
極普通の、それも床の高い古いバスじゃないですか?

これだけ床が高ければ、当然、前後とも車軸はあるでしょう。
最近のバリアフリーの床の低い車両は、
後部(車体後ろ半分)に段差ができてしまいますが、
これは前から全体的に床が高いが故に
最後部直前までフラットになってるのですが、
そんな古いタイプのバスだから、新鮮に見えたのでしょうか?

投稿: ツバキバラ | 2011年3月 8日 (火) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199562/45286498

この記事へのトラックバック一覧です: 伊丹市営バス すごいな:

« 大阪出張シリーズ 伊丹市営バスの巻き | トップページ | 段差のある敷地に建つ住宅 »